幼なじみの誕生日を鉛筆画でお祝いしました

鉛筆画喜ばせたい人がいることに感謝するばかりです。

彫刻家の佐藤忠良さんが以下のように仰っています。

図画工作の時間は上手に絵を描いたり上手に物を作ったりすることが目当てではありません。

君の目で見たことや君の頭で考えたことを君の手で描いたり作ったりしなさい。

心を込めて作っていく間に自然がどんなに素晴らしいかどんな人になるのが大切かということが解ってくるでしょう。

これが目当てです。

情操教育に於ける素晴らしい道しるべ。

menu