ブラジルの彼と日本の私はまるで磁石のように

以前、外国人女性が特に好きだという話をしましたが、外国人男性も好きです。別に変な意味じゃありません。

今回はブラジル人男性との物語

仕事帰りの電車で隣りに座った外国人男性。なんとなくの挨拶から始まり、気づけば3時間も話していた。

彼はサンパウロ在住で哲学の先生。早生まれの同学年。日本を愛してくれている様子で漢字は読めるし演歌も歌える。今は旅の途中らしい。

いかに生きるかについて「人生において問題や困難は常にある。それでも腐らず前向きに元気を出して過ごすこと。人に対して自分から心を開き、優しく接すること。」と話す彼をまるで昔からの友人のように感じた。

哲学って一見すると平凡なんだけど、常に意識したり実践するのはなかなか難しい。俺も、彼の言ったことを忘れないように明日からまた頑張ろう。

2014.07.04 今日の出会いに感謝

menu