LOGICOOLワイヤレストラックボールM570tは使う度に掃除しましょう!

どうも、OSJRです!

今回はタイトルだけでほぼ完結しているのですが…もう少し詳しく書いてお役立ち記事に出来ればと思います。

この記事を書いた理由

買って数日で使えなくなった!と知人が言っていて…見せてもらったら「掃除してねーもんそら使えなくなるわ」だったので他にも同じ状況に陥っている人が一定数存在すると考え記事にしました。

初期不良や物理的損傷はまた別の問題ですが、ネット上でも「落としても濡らしてもいないのに壊れた」みたいなレビューがあります。

因みに私がM570tを買ったのは2018年3月20日ですが何の不具合もありません。不注意でフローリングに落としたことはありますが…運良く壊れませんでした。(衝撃を与えても大丈夫!という意味ではありません)

トラックボールって何?

LOGICOOLワイヤレストラックボールM570tを持った手
LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t

形がマウスに似ているので違いが分からない方もいると思いますが、トラックボールはボールを転がすとポインタが動きます。本体を動かす必要がないので置くスペースさえ確保すればOK!マウスパッドが置けないような環境で無理矢理マウスを使ってイライラしながら作業している人には特にオススメです。

また、動作が置き場所に左右されないのでソファにゆったり座って動画を観る時も便利です。膝の上でも肘掛けの上でもどこでも使えますから。

LOGICOOL M570tの日常メンテナンス

LOGICOOLワイヤレストラックボールM570tを持った手

トラックボール本体を裏返すと穴からボールが見えます。

LOGICOOLワイヤレストラックボールM570tのボールを外そうとする手

小指の先で押すとボールが外れます。写真ではタオルを使っていますが膝やソファ等の柔らかい場所で作業すれば外したボールが転がったり傷ついたりするのを防げます。

LOGICOOLワイヤレストラックボールM570tのボールをボールペンで外そうとする手

小指が穴に入らないとか、指先が痛い方はボールペンのお尻でどうぞ。傷が心配な場合は布を噛ませたりフリクションのお尻でやれば大丈夫です。

LOGICOOLワイヤレストラックボールM570tのボールを持つ手

外したボールは綺麗な布で乾拭きしましょう。トラックボールあるあるで「皮脂を馴染ませれば滑らかに転がる」「シリコンスプレーを吹きかければ惰性で回る」と言われますが必要ありません。瞬間的な手応えはありますが油はそもそも埃や酸性の汚れと親和性が高いので却って掃除が大変になります。

LOGICOOLワイヤレストラックボールM570tを持つ手

丸で囲んだ三箇所に小さな突起があってこの周りに汚れが集まります。四角で囲んだ場所にはボールの動きを読み取るセンサーがありココが汚れたり異物が混入するとポインタの挙動が変になったり全く反応しなくなったりします。

LOGICOOLワイヤレストラックボールM570tの汚れを拭いた布を持つ手

窪みを綺麗な布で乾拭きしましょう。私は数時間に一度の頻度でトラックボールを拭きますが…耳垢くらいの大きさで汚れが溜まる使い方をしていたのが知人でした。中を拭く時は必ず本体をひっくり返して拭きましょう。

LOGICOOLワイヤレストラックボールM570tを持つ手

口酸っぱく言いますが、この状態で拭くと高確率でセンサーの窪みに汚れが入ります。掃除したら動きが悪くなった!場合の原因は大体コレです。ひっくり返して突起よりセンサーが高い位置に来るように構えてから乾拭きしましょう。

エアーダスターを持つ手

以下はオススメしませんが、「どうやらセンサーのレンズに汚れが付着したっぽい」時にダスターはアリです。想定外の場所に異物が混入して全バラする羽目になるというリスクテイクが出来る人に限りご自由にどうぞ。

LOGICOOLワイヤレストラックボールM570tのセンサーにダスターのノズルを近づけた様子

ダスターのノズルをセンサーの窪みに突っ込んでほんの一瞬だけ吹き飛ばします。こういうことを書くと息を強く吹いてどうにかしようとする人が現れますが、無駄な上に逆効果なので絶対にやらないで下さい。

塗装に詳しい人は経験則で分かると思いますが、流体力学的にナンセンスです。唾液がレンズに付着する可能性があることを想像するだけでも浅はかな行為だと分かります。吹かずに吸った!なら「いくらか脳みそ使ったね」と言えます。

まとめ

道具は大切に使いましょう。世の中には道具を「吊るしで使える」と思っている人が本当に多いです。ダメなのは道具じゃなくて何の工夫も努力もしない使い手です。

menu